人気ブログランキング | 話題のタグを見る

2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢

年末を控え、今年の山行を振り返ってみた。
毛鉤飛ばしにとち狂ってろくな沢や山に行ってない。
イヤ、なこと言うたら毛鉤飛ばしの川に失礼だ。
振り返ってみると「その」感は否めないようだ。
ゴウタクはさて置き、夢のようなナメ歩きを綴っておこう。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_22571905.jpg
~ 天国のナメを行く ~
【東北】二口山塊 大行沢
【日時】2020/10/13、14
【天 候】曇りのち晴れ
【コース】10/13 P 7:50-雨滝 9:48-岸辺 溯行-避難小屋 14:40-支沢散歩
10/14 避難小屋 8:00-樋の沢-雨滝--P14:40

 裏磐梯から米沢を抜けて山形中央ICを出たのは昼過ぎだった。
迷っていたが銀行に勤める友人に電話をした。「今山形にいる。」と伝えると今宵20年ぶりに歓談することとなった。
アルコール抜きで山形牛や芋煮、アケビの皮など郷土料理とお互いの消息話など時のたつのを忘れた。急な連絡で手ぶらの不肖Sなのにお土産まで頂いて、再会を約して車に乗り込んだ。
 二口林道で可愛い野兎の歓迎を受け県境を越え、秋保ビジターセンターで夜を明かした。
 
 霧雨の中、ぬかるんだ登山道を行く。
山毛欅の林の左下には早くもナメが走ってる。かなり水量は多そうだ。
右からの支流をいくつか越えるといつの間にか止んだはずの霧雨がまたもや降ってきたかと思いきや岩盤から落ちる落水だった。雨滝だ。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_22584049.jpg
 大行沢側に展望が開けて紅葉に彩られ滝を擁する大岩壁があらわれた。
裏磐司と呼ばれている大行沢の右岸壁である。
 この間、何度も沢へ降りて溯行を試みたが、増水や滝などで断念、更に登山道を進み、ナメに沿うなだらかな岸辺を見つけ早めのランチとした。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_22591082.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_22594524.jpg
 【岩盤ばかりのナメ床に戯れで毛鉤を飛ばしてみると・・うっ美しい】
 【ありがとう 歓迎のお出迎え、遊んでくれて】
 さて、ここからは流れを行く。
谷間の紅葉には少し早かったようだが、山毛欅の森につけられたナメによる天国への道をゆっくり、ゆっくりと歩く。
言葉はいらない。し、言葉では表しようがない。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23032296.jpg
 と言うことで画像を見て頂こう。
イヤ、ヘタな画像では余計に伝わらないだろう。
現地で冷たい流れの抵抗を感じながら歩いてもらうしかないだろう。
更にえんえん ナメは続く。しかも、山毛欅の森の中をだ。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23035274.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23040849.jpg
 両門の滝となった。 
近くは、竹屋谷?北谷?遠くは笛吹川東沢釜ノ沢の「それ」である。
ここでは、向かって右側の滝が樋の沢、左側の滝が小東岳へ突き上げるハダカゾウキ沢
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23090055.jpg
小屋は樋の沢の左岸台地にある。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23050520.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23053654.jpg
 ささやかな焚火で暖をとり、揺らぐ炎を見ながら担ぎあげたブラックニッカのエクストラスイートをちびりちびりとやりつつ山と渓を想った。 
小屋にあった「県境の山」と言う周辺の山について書いた本が読み出したら面白くて深夜まで読みふけってしまった。

2日目は樋の沢を歩く。
まだまだナメは続く。山毛欅の森をどこまでもどこまでも・・そう 天国まで続いているようだ。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23063858.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23070192.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23072503.jpg
 できれば、このナメを詰めて天国まで イヤ 稜線に出て登山道を辿り大東岳に登って周遊するつもりだったが、そんなに急いで歩かなくてもいいだろう。
ゆっくりゆっくり、この森とナメを楽しもう。

 来た道の登山道を戻る途中、2組の登山者と1人のキノコとり、2人の登山道整備業者と出会った。 ちゅうか、追い越された。
 業者の兄ちゃんとは色々話して 滋賀から来た と言うとひっくり返る位驚いていた。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23082837.jpg
そんなこんなで、地獄行きの切符しか持たない不肖Sだが、天国へのナメを歩かせてもらった。昇天したら地獄でも天国でもいいが(極力天国がいい)、それまでにもう一度このナメを稜線まで歩いてみたい。

 では また 山毛欅の森を流れる三途の川のナメで

                           SHIGEKI 
おまけ
 不肖Sが日本の沢参考本としている「岳人2007 7」日本の渓スタンダード
で三大ナメ沢を沢のレジェンド達が選んでいる。
 その数人がこの「大行沢」あげているのだ。
あの高桑信一や中村成勝、丸山剛らが・・・

そう10数年前から憧れていた沢なのだ。
 それが、昨年8月 あの岳人であの服部文祥が初心者を連れてこの大行沢を沢泊で歩いているのだ。・・・・大行沢も観光地とかしてしまうのだろうか・・と危惧せざるを得ない。
 ところで、この時あの服部文祥は竿を出しているが、ボーズだったとのと!!??
危惧は杞憂となり、10月の平日なので静かな沢を満喫できた。
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23424505.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23430231.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23432712.jpg
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23433673.jpg
とこんな感じ。この焚火の場所も特定してきた。!!
話は変わって 「尺イワナ」
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23443941.jpg
とか、黄色いバッタ毛鉤を食ったイワナ とか
2020/10/13 天国のナメを行く 大行沢_e0403837_23445672.jpg



by shigekio1217 | 2020-12-09 23:46 | | Comments(0)

山、沢歩きとスキーと写真+星と焚き火


by SHIGEKI